WELLTZ    

製品案内
フルコントルスディオ 油圧ショベル用-コンクリート・アスファルトの小型表面切削アタッチメントです。
コンクリ-ト定厚削りと表面処理を同時に行う切削機です。
新しい情報は、このページのTopicsに記載しています。下にスクロールしてご覧ください。
アスファルトルス 油圧ショベル用-アスファルト専用小型表面切削アタッチメントです。
(フルコントルスディオに仕様変更して製造中止しております。)
デクスタース 電動回転式ブレーカーです。
カルポス 先端アタッチメント360度旋回装置です。
リューバァス 電動旋回オーガーです。
プレスター・トコロ10 油圧式廃棄物減容器です。
※詳しくは製品名をクリックして下さい

新型コロナウィルスの流行において、感染拡大防止のために尽力していらっしゃる、
医療機関や行政機関の皆様に深く感謝申し上げます。


NETISページ
(コンクリ-ト定厚削り機「フルコントルスディオ」の新技術情報システム概略についてはこちらへ)




更新履歴
更新日  更新内容 
 2020/03/22 トピックスに、コンクリート補修後の手直しを少なくするにはどうすれば良いか。
マイクロクラックの簡単な調べ方を追記しました。
フルコントルスディオの切削直後のブラッシングもご覧ください。
 2019/11/16  小林橋の現状。橋面補修後4年を経過した事例紹介。下地の出来形が良いと路面がいつまでも安定することを追記しました。
 2019/09/15 フルコントルスディオの「歩掛りと品質管理について」の積算例についてを追記しました。 
 2019/03/09 トップページのトピックスに「橋の補修サイクルが短くなる原因1~4」を掲載しました。 スクロールしてご覧ください。
2018/04/03  青森県五所川原市の 田代橋の現場レポートが掲載されました。雪の中での切削作業でした。 NO.3青森県のレポート。




 
再劣化無し!!
コンクリート補修工事後の5年間いかに手直しを少なくするか。
再劣化を防止する方法はここをクリックしてください。



  補修サイクルが短くなる原因1~4
橋梁の防水施工が設計通り持たない理由はここをクリックしてください。

№1空気をかんで、.接着を妨げる凹凸について。
№2輪荷重で拡大するマイクロクラックについて。
№3変化したアスファルト厚と不陸部許容値について
№4コンクリート路面をバケットで剥すと床板を傷めます




 橋梁長寿命化対策事業(コンクリート切削の現場)
小規模コンクリート路面橋梁修繕に
フルコントルスディオ25が使用されています。
山形県酒田市の山間部の道路橋床版防水層施工工事で橋梁コンクリート切削に使われました。
     
   
 
     
 平成27年度(2015年度)、橋梁長寿命化対策事業として、山形県酒田市の山間部の小林橋(昭和45年竣工、橋長23m、有効幅員6.5m)の路面のコンクリートをフルコントルス25で切削し舗装打替工と橋面防水工を施工しました。 小林橋の路面は川石を粗骨材にした大変硬いコンクリートで、深さ5㎝の切削は困難が予想されました。
詳しくお知りになりたい場合は、小林橋切削動画(深さ5㎝×144㎡の橋上面コンクリート切削)をご覧ください。
携帯でご覧になりたい方は、https://youtu.be/WfqyAyp0NbYをご覧ください。

更に他の動画をご覧になる場合は→他の動画



コンクリ-ト定厚削り機「フルコントルスディオ」で橋のコンクリート路面を切削しました。
          橋面補修後(防水層施工後)、4年を経過した上記現場の事例です。
 小林橋 橋面補修後(防水層施工)4年を経過した事例紹介        (下地の出来形が良いと路面が何年も安定します。)



       フルコントルスディオ 
FTDUO現場レポート
        ◎ 最新の作業現場を取材してレポートを掲載しました。ボタンをクリックしてください。

        NO,1 ジョイントのないコンクリート路面の橋梁  

        NO,2 幅4メートル幅員のないコンクリート路面の橋梁
        
        NO,3 しっかり養生したコンクリート路面の橋梁
切削深さについて

切削深さは、深さ調整シムを交換することで変更できます。深さ調整シムは大きく分けてコンクリート用シムとアスファルト用シムの2種類があり、工事用途によって使い分け希望の切削深さに調整することができます。
(2種類以外の深さ調整シムは特注になります)

コンクリート用シムを装着した場合は、1パス1㎝の切削深さです。(1パスは1回の切削操作)コンクリートの表面を目視しながら数パス作業することで少しずつ切削します。コンクリート柱の切削等では鉄筋を露出するまで注意深く切削できます。切削部が見えるので橋の床版出し作業等では鉄筋やジョイントを避けて切削できます。また道路橋の床板出し工事におけるアスファルトの不陸箇所の剥離作業では、ブレーカーや油圧ショベルに代わって、「フルコントルスディオ」で少しずつアスファルトを切削して効率よくコンクリート床板を露出させることができます。

アスファルト用シムを装着した場合は、1パス2.5㎝の切削深さです。道路の小規模補修や、マンホール周りの切削では影響範囲を考慮して状況を確認しながら切削できます。さらに深く切削する場合は、同じ箇所を数パス切削します。2.5㎝よりも浅く切削する場合はフルコントルスディオを切削方向に傾けると切削深さが浅くなるように構成されています。



不陸部分のアスファルト切削やブリスタリング、
高所切削についてはこちらをご参照ください。



     
  ◎壁面コンクリートはつりに活躍しています  
     

 
フルコントルスディオの切削面が打継ぎに適している理由と、マイクロクラックの少ない切削面の顕微鏡写真はこちらをご参照ください。

 フルコントルスは左図のような、堤防嵩上げ工事のコンクリート経年劣化部を取り去るはつり作業に適しています。

フルコントルスはヘッドが旋回しますので、上下どちらの方向からでも、左右どちらの方向からでも自在にはつることができます。

  







■お問い合わせ先■

ウエルツ株式会社


メールアドレス
welltz@nifty.com


本社・工場 〒358-0044 埼玉県入間市三ツ木台183-2 
       電話.04-2946-9454  FAX.04-2946-9456

Copyright(C)1997 WELLTZ CoLtd. All rights reserved.