トップページ - フルコントルスディオ




フル方向切削可能な小型切削アタッチメント
フルコントルスディオ

 フルコントルスディオはフル方向のコンクリート・
アスファルトの表面切削機

・フルコントルスディオはコンクリート・アスフアルトのグラインダーです。
・特にコンクリートをすくい上げる様に削るので、振動が少なく老朽化した橋に優しい削り機です。
・粗骨材の川石も削るので、防水層に適した仕上り面が得られます

・2種類のシムの使い分けでコンクリートとアスファルトの用途変更が可能です
・小型油圧ショベルに搭載する小型切削アタッチメントです。
・これからの人力作業に代わる、新しいタイプの小型切削機です。
・騒音振動が少なく、しかも切削箇所を目視しながら注意深く切削できます。
・油圧による切削部分と電動による旋回部分とを連動させながら、曲線部分を簡単に切削する小型切削アタッチメントです。
・フルコントルスディオは構築物の改良や補強・補修に伴う、表面の切削やチッピングのお役に立っております。
・多くの油圧ショベルが環境に合わせて変化する中、フルコントルスディオもフルモデルチェンジいたしました。


フルコントルスディオ(δυο)の進化

電気で旋回・オイルモーターで切削する
ハイブリット小型切削機

☆モデルチェンジポイント☆
長期化する現場の切削時の振動に対する本機の耐力UPのため切削駆動部を強化しました。
ショベルからの油量(毎分60ℓ位)を最大限に利用してスムーズに切削します。
電気旋回モ-ターをパワーアップしました。縦方向(アーム上下動)・横方向(ショベル旋回)で
  切削し表面の仕上がりはさらにキレイに。(久慈防潮堤切削から完了までの動画をごらん下さい)
更に切削のオイルモーターのトルクUPで切削能力がアップしました。
しかも、旋回ための配線がコンパクトになりショベル搭載変更が楽になりました。
2種類のシムでアスファルト・コンクリートの切削深さがますます調整しやすくなりました。
深さ調整シムを使い分けることで振動を低減してオペレーターの負担も低減しました。
点検口を増やしたためグリスアップが容易に確認でき、長期現場でのメンテナンスが
   しやすく
なりました。


 
【フルコントルスディオの歩掛かりと品質管理について】
 フルコントルスディオの積算例について (詳細はNETISを参照してください。)
 コンクリートの圧縮強度と切削速度について
 フルコントルスディオの作業手順について
 不可視部分の書類管理・写真管理について




  【フルコントルスディオの現場】     

①道路橋床版防水層施工工事でのフルコントルスディオの活用例とブリスタリングについて
     道路編

②高所・広範囲での切削作業の切削事例(護岸・連続壁に対応)
     護岸編

 【フルコントルスディオの特徴について】
・コンクリートの打ち継ぎ目に適しています。
(構造物のコンクリートを嵩上げする場合には、はつり作業を行い、痛んだコンクリートを除き、新たにコンクリートを追加します。そのつなぎ目を打ち継ぎ目と言います。はつり作業は嵩上げの前の重要な作業です。)
・アスファルトのこぶ取り、縁石まわり・マンホール周りに適しています。
ヘッドが旋回するので曲線切削に適しています。
・フルコントルスディオは自重3tの油圧ショベルに搭載できます。道路を片側開放するだけで作業ができます。(増量のカウンターウエイトを装着してください。)重量が軽く県道などの小さな橋の床板出し補修工事に最適です。
・人力施工に比べ、削る量が少ないので出来形が良く施工性に優れています。
・人力作業より安全性が高く、騒音・振動を低減できます。
・大型路面切削機の補助機械として活用できます。
・人力はつりに代わる小型切削機として活用できます。老齢化による人手不足を解決します。
・上向き切削も可能です。
 自然石や水中の切削はできません。
 ほこりが立たないようにするには水を撒きながらの作業となります。


 フルコントルスディオの切削面が打継に適しているのはなぜか?
  ②出来形についてはマイクロクラックを避ける理由をご覧ください。
 

   
【フルコントルスディオの詳細】
  ①切削表面はフルコントルスの切削面の顕微鏡写真をご覧ください。
  ②切削作業量はフルコントルスの現場ごとの切削能力と仕事量
 フルコントルスディオの仕様



【フルコントルスディオの現場動画】
 動画集

  フルコントルスディオの現場動画はこちら
   ①橋梁長寿命化対策事業については、小林橋切削動画
     (
深さ5㎝×144㎡の橋上面コンクリート切削)をご覧ください。
                  ☆携帯での動画はこちらから
          You Tubehttps://youtu.be/WfqyAyp0NbYをご覧ください。

   ②橋梁のアスファルト切削は 山陰道路橋防水層施工工事
     
(凹部に残ったアスファルトの切削)をご覧ください。

                ☆携帯での動画はこちらから
          You Tube  http://youtu.be/xKRQWtxPwlo
    ③防波堤の表面切削工事 久慈防潮堤の切削から完了まで 
     (
深さ1㎝×1万㎡以上の壁面コンクリート切削)をご覧ください。    

                  ☆携帯での動画はこちらから
            You Tube  http://youtu.be/R5gGTPZ8TXk
   防潮堤壁面の切削
     (防潮堤壁面コンクリート切削)をご覧ください。
   ⑤ 防潮堤エプロンの切削
     (防潮堤エプロン部上面コンクリート切削)をご覧ください。
   ⑥ 護岸の切削
     (岸壁上面コンクリート切削)をご覧ください。
   ⑦ 旧フルコントルスの動画集
     (橋脚壁面の切削、トンネル内部の切削、水路の補修)をご覧ください。
    ⑧ 維持補修(旧アスファルトルスの小規模切削)
     (アスファルトの小規模切削、商店街の夜間作業)をご覧ください。

       ※詳しくは下線部分をクリックして下さい







現場レポート①






現場レポート②




現場レポート③
 


積算資料
積算資料公表価格版2月号に レンタル価格が公表されました。
積算資料公表価格版^平成29年9月号掲載抜粋




新聞記事
 
橋梁新聞の1月11日号7面 フルコントルスディオ25が山形県庄内総合支庁建設部の27年度橋梁長寿命化対策事業による補修工事に採用された旨の記事が掲載されました。




 


フルコントルスによるコンクリート切削ならこんなに便利!
高所でも足場いらずで安全です!
人力作業を大幅に削減します。

フルコントルスの利点は…
切削深さはいつも一定です。
深さ調整シムを交換すれば、切削深さを変更できます。
一定深さで切削するので埋め戻すときのコンクリートの量も、平準化できます。
フルコントルスは10㎜から25㎜まで切削深さを調整できます。

程良いパワーで鉄筋を切らず骨材も痛めない!
マイクロクラックの発生が少なく打ち継ぎ目の強度が安定します。

摩耗したビットのみ交換できますので経済的です。
摩耗したビットは現地でも交換できます。

騒音が低く近隣の苦情を低減します。
ブレーカーより遙かに小さい音なので、夜間作業が安心して行えます。

360度電動旋回します。
バッテリーの電気を利用して旋回します。配線キットは製品に付属しています。


フルコントルスなら解体仕様のショベルにも取り付き高所作業も大丈夫。
フルコントルスは左右のどちら方向からでも切削できます。
フルコントルスは一定深さで切削します。上方向下方向のどちらでも切削できます。
フルコントルスは360度バッテリーで旋回します。






Copyright(C)1997 WELLTZ CoLtd. All rights reserved.
トップページ - フルコントルスディオ